パチスロ 超ガンツ新台最新情報!導入日は3月?機種概要・スペック・噂・純増や天井など徹底予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気漫画「GANTZ(ガンツ)」がパチンコに続き、今度は新台「パチスロ 超ガンツ」として発売します。こちらの記事では、超ガンツの新台最新情報を導入日・機種概要・スペック・純増・天井など予想を含めて紹介していきます。

パチスロ 超ガンツ新台最新情報

https://www.youtube.com/watch?v=X1-wV2f-cV0

大人気のあの作品がパチンコについで、スロットに登場!

数々の名作を世に放ってきたスパイキーから「パチスロ 超GANTZ(ガンツ)」が新台として発売されることが決定しました。

本記事では「パチスロ 超ガンツ」のスペックや性能を予想し、最新情報が公開され次第、随時更新していきます!

【2018年2月23日】パチスロ 超GANTZ機種サイトがオープン

http://www.gantz-ps.jp/

【2018年1月28日】スペック詳細が判明!

「超GANTZ(ガンツ)」の具体的な導入日やスペック、機械性能が判明しました。
詳しくは下記、スペック予想にて公開いたします!

【2018年1月24日】パチスロ 超GANTZ PV公開!

【2018年1月23日】パチスロ 超GANTZデモ動画が公開!

パチスロ 超ガンツの概要

GANTZ(ガンツ)は、2000年から2013年まで「週刊ヤングジャンプ」にて連載していた、奥浩哉氏による人気マンガが原作。他にもノベライズやアニメ化、ゲーム化、実写映画・アニメーション映画化、舞台化されるなど、今も尚、多くのファンを創出しています。

2017年1月10日にOK!!(京楽グループ)から「CRぱちんこGANTZ(ガンツ)」が発売されています。「EXTRA ZONE」と呼ばれる小当たりLUSH+次回まで確変が続く「超GANTZ BONUS」といったミドルタイプとは思えぬ出玉感やスペック性の良さが話題、異例の増産をするなど、多くの根強いファンに支持されています。

また、今年2月19日にはライトミドルタイプでさらに打ちやすくなった「CRぱちんこGANTZ EXTRA」が導入予定となっていますが、3月には初のパチスロ化ということで、期待や関心が集まっています。

パチスロ 超ガンツはどんな台になる?5.9号機 規制の影響とは?

5.9号機としての発売

5.9号機規制の特徴として「有利区間滞在最大1500G=一撃出玉3000枚」「純増枚数2.0制限」という状況の中、一撃で大量出玉を獲得することは不可能であり、爆発台と同等の大勝を狙うことが難しいかもしれません。
CR GANTZ(ガンツ)のように、演出面で原作中の戦いの緊迫感や敵の強弱のわかりやすさなどが忠実に反映した演出を取り入れたり、上乗せゾーンをうまく使って出玉感を味わうことができる魅せ方によってパチスロユーザーだけでなく、原作を知ってるファンも楽しむことができる作りになっているとユーザー満足度が上がるのではないでしょうか。

超ガンツ基本情報まとめ

超ガンツスペック公開済情報(予想あり)
メーカー スパイキー(七匠)
タイプ A+ART(差枚数管理型)
仕様 5.9号機
純増 ボナ込約2.0枚
コイン持ち 約40.0G/千円
天井 非搭載
超ガンツ 初当たり確率・合算・機械割 等
設定 SZ 転送M CZ合算 ART 機械割
1 1/299 1/150 1/99.9 1/479 97.9%
2 1/432 98.6%
3 1/448 100.3%
4 1/97.1 1/275 1/385 103.2%
5 1/404 105.5%
6 1/93.8 1/250 1/359 110. 2%

次の項から、注目すべき部分をそれぞれ詳しく予想していきます。
新しい情報や詳細が発表され次第、随時公開していきます。

超ガンツ新台のタイプは?【公開済】

現在公開済情報から、超ガンツはゲーム数管理ではなく差枚数管理でありながらART機、という初めてのタイプの機種です。

通常時はパチンコのような数字図柄を使った演出によって当たりを告知、CZとCZ型ボーナスでARTを目指すゲーム性となっています。

超ガンツ新台の合算・機械割などは?【公開済】

超ガンツのCZ確率は、設定1~3が1/99.9で一律優遇、設定6で1/93.8、ART確率は1/479~1/359であり、機械割は97.9%~110.2%と設定6では満足のいく高数値となっています。

ただ、5.9号機規制では「指示機能の性能に設定差なし(ART確率に設定差が設けられない)」にも関わらず、全設定に差がみられるので単純に小役確率にそれぞれ設定差があるものと思われます。

超ガンツ新台の前兆・CZ・上乗せ特化・フリーズなどの演出は?【一部公開済】

通常時

超ガンツの通常時ステージは内部状態によって複数の状態示唆パターンが存在し、「ガンツ部屋」や「夜ステージ」はチャンスアップの期待度が上がります。

通常時からの一定条件によって突入する、CZ「サバイバルZONE」「転送モード」「GANTZ ZONE(期待度50%~)」「ぬらりひょんZONE(ぬらりひょんに勝利でART)」を経由して、ART突入を目指す仕様になっているようです。

サバイバルZONE(CZ)

超ガンツ サバイバルゾーン
契機 通常時のチャンス目や3pt獲得で停止する出目【4・4・7】
継続G数 5G+α
ART入賞小役 奇数図柄揃い
ART当選期待度 不明
超ガンツ サバイバルゾーン突入率
設定 突入率
1 1/299
2
3
4 1/275
5
6 1/250

転送モード(CZ)

超ガンツ 転送モード
契機 転送図柄揃い
継続G数 8枚役6回入賞
ART当選期待度 不明
ART入賞小役 最終ゲームに奇数図柄揃い
突入率 設定差なし
(全設定共通1/150)

ボーナス扱い、かつART抽選を行っているCZでもある転送モード。突入に設定差はなく、消化中のリプレイ成立でチャンスとなり、最終ゲームにてART当否を告知します。

サバイバルゲーム(ART)

超ガンツ サバイバルゲーム
契機 CZ経由
ボーナス経由
純増 ボナ込2.0枚/G
ART突入時初期差枚数 ガンツラッシュで決定(平均120枚)

超ガンツは差枚数管理型ARTなので、ART突入時に「ガンツラッシュ」にて初期枚数を決定、「超ガンツラッシュ」であれば大量上乗せが期待できます。

また、ガンツと言えば原作でもおなじみ「採点」が印象的だと思いますが、本機「超ガンツ」でもCZなどの結果が点数表示(リールと液晶の中央部分に配置された役物)され、100点到達時などはステージアップやCZ抽選、上乗せ特化ゾーンへの突入が優遇されます。

GANTZ:Oバトル

GANTZ:Oバトルの詳細は公開されていませんが、ART中のボーナスとのことです。

ぬらりひょんバトル

原作でもおなじみのぬらりひょんとのバトル演出で、勝利すると100点獲得となり、超ガンツラッシュ当選の確率が超絶アップします。

ガンツラッシュ(上乗せ特化ゾーン)

超ガンツ ガンツラッシュ
突入条件/td>

ART突入時の採点演出で100点以下
役割 枚数上乗せ特化ゾーン
(内部的ボーナス扱い)
継続G数 3~7G+α
(初当たりは必ず7G以上継続)
抽選 転送図柄揃いで超ガンツラッシュに昇格
平均上乗せ枚数 約120枚

超ガンツラッシュ(上位上乗せ特化ゾーン)

超ガンツ 超ガンツラッシュ
突入条件/td>

ART突入時の採点演出で100点獲得時
(確率1/1400)
役割 超上乗せ特化ゾーン
継続G数 5G+α
(継続率95~98%)
平均上乗せ枚数 約400枚(最低保証枚数200枚)

エンディング

有利区間最大1500Gを(CZ含む)完走に近付くとエンディングが発生、エンディング到達時(完走)の獲得期待枚数は約2500枚となっています。

新台の純増・コイン持ちなどは?【公開済】

純増は、5.9号機規制における最大値である2.0枚、コイン持ちもART機であることから、千円あたり約40Gと高めになっています。

超ガンツ新台のゾーン・天井は?【公開済】

超ガンツの天井については、5.9号機の基準として天井性能に関する規制はないものの、有利区間に関するシステム上天井を設けることへのメリットが少ないため、現行の5.9号機はART機にも関わらず天井非搭載のものが多いです。
「パチスロ 超ガンツ」も天井非搭載のようです。

超ガンツ新台のプレミア・フリーズは?【公開済】

超ガンツのロングフリーズは、約1/7200の確率(デカチェリー揃い)で発生し、「ART直撃+超ガンツラッシュ」スタートが確定となる恩恵付きであることから、ARTエンディング到達確率が上がりますね。

超ガンツ新台の導入日・導入台数は?【公開済】

納品は2018年3月5日、導入予定台数は8000~10000台とのことで、「パチスロ 超 GANTZ」は今までにないスペックとゲーム性で、5.9号機の概念を打ち破る施策がなされているとのことですので、他のゲーム性や演出がどのような作りになっているのか楽しみですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*