まどマギAタイプ(魔法少女まどかマギカA)徹底解析!打ち方・演出期待度・設定判別など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気作「SLOT魔法少女まどか☆マギカシリーズ(まどマギ)」にシリーズ初のノーマルタイプ「魔法少女まどかマギカA(まどマギA)」が登場。本記事では前作「スロット まどマギ」シリーズの機種別紹介、新台まどマギAの導入日・スペック・噂・純増・天井を徹底予想、最新情報を随時更新していきます。

魔法少女まどかマギカA新台最新情報

http://slot-madokamagica.com/mma/

大人気作SLOT魔法少女まどか☆マギカシリーズにAタイプが登場!

数々の人気作を世に送り出しているユニバーサル(エレコ)からシリーズ初のノーマル機として「魔法少女まどかマギカA(まどマギA)」が新台導入されました。「魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)」とタイアップしたパチスロ機は、初代「まどマギ」「まどマギ2」に続いて今作「まどマギA」で3作目で、劇場版「魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語」とタイアップした機種も販売予定となっています。

本記事では「まどマギA」のスペックや性能を予想し、最新情報をどこよりも早く更新していきます!

まどマギ最新台「まどマギ3叛逆の物語」について詳しくはこちら

魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語(まどマギ3)新台最新情報!導入日・スペック・純増・天井・噂など徹底予想

スロット まどマギシリーズの概要

http://slot-madokamagica.com/mm1/

原作と共に絶対的人気を確立しているパチスロ「魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)」。中でもメーシー(ユニバーサル)から発売された、第1作目である初代「SLOT魔法少女まどかマギカ(まどマギ)」はその印象とは裏腹に一撃性のある機種性能が売りで、5号機中期の主流とも言える「ゲーム数管理型」疑似ボーナス+ART機でした。

純増2.2枚の主にARTで出玉を増やしていくタイプで、上乗せ特化ゾーンには原作でも印象深い「ワルプルギスの夜」や、アルティメットまどかによる「アルティメットバトル」が演出として搭載されています。

他にも、原作で重要アイテムになっていた「ソウルジェム」は筐体脇に設置されており、小役や演出のスルー・ART開始時のハマりなど打ち手にとって不都合な要素が穢れとして蓄積され、穢れがMAX(穢れポイントが100P以上)になるとARTに関する恩恵がついた「エピソードボーナス」や「裏ボーナス」が確定となるなどのゲーム性能も話題となりました。

http://slot-madokamagica2.com/

2016年には、一部初代の要素を踏襲しつつゲーム性能や演出面を一新した「SLOT魔法少女まどかマギカ2(まどマギ2)」を発売。純正ボーナス+ARTのA+ARTタイプで、前作ほどの爆発力はなくなったものの、ベルや小役で大量上乗せが期待できる上乗せ特化ゾーン「マギカクエスト」「裏マギカクエスト」などを加え、低設定での出玉率も若干上がったことから万人向けにマイルドな機種となりました。


また、2017年9月にはパチンコでも「CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ」が京楽から発売されており、2018年4月2日には「CRぱちんこ 魔法少女まどか☆マギカ まどかver.」が発売予定となっています。

まどマギAはどんな台?5.9号機 規制の影響とは?

5.9号機として発売のノーマル機

5.9号機として導入された「まどマギA」ですが、5.9号機の規制内容を見てみると「ノーマルタイプ」に対しての規制はなく、ARTやそれに準ずる高確・前兆・CZを「有利区間」とすることへの概念などもないため、現在まで発売されている他機種ノーマルタイプと差ほど代わりはなさそうです。

まどマギA基本情報まとめ

まどマギAスペック
導入日 2017年12月18日
導入台数 25,000台
メーカー エレコ(ユニバーサル)
タイプ ノーマル(Aタイプ)
仕様 5.9号機
コイン持ち 約34G
天井 非搭載
まどマギA BIGボーナス別確率
設定 特殊BIG 赤BIG 青BIG 黄BIG 赤赤青BIG 青青赤BIG
1 1/8192.0 1/1149.8 1/1074.4 1/1129.9 1/1820.5 1/1820.4
2
3
4 1/5041.2 1/1129.9 1/1057.0 1/1110.8 1/1927.5 1/1680.4
5 1/3640.9 1/1092.3 1/978.2 1/1560.4
6 1/2048.0 1/1057.0 1/910.2 1/1985.9 1/1365.3
まどマギA REGボーナス別確率
設定 赤REG 青REG 黄REG
1 1/1424.7 1/1213.6
2 1/1337.5 1/1110.8 1/1129.9
3 1/1260.3 1/1024.0 1/923.0
4 1/1129.9 1/910.2 1/809.1
5 1/1074.4 1/851.1 1/753.3
6 1/978.2 1/720.2 1/624.2
まどマギA ボーナス確率・機械割
設定 BIG REG 合算 出玉率 出玉率
(完全攻略時)
1 1/256.0 1/425.6 1/159.8 97.8% 99.4%
2 1/394.8 1/155.3 98.4% 100.1%
3 1/350.5 1/147.9 100.4% 102.2%
4 1/247.3 1/310.6 1/137.7 103.6% 105.6%
5 1/229.1 1/291.3 1/128.3 107.8% 110.2%
6 1/206.7 1/249.2 1/113.0 114.3% 117.2%
まどマギA 大当たり・小役配当表
有効ライン=通常5ライン
赤7揃い
青7揃い
黄7揃い
赤7・赤7・青7揃い(異色BIG)
青7・青7・赤7揃い(異色BIG)
赤7・青7・黄7揃い(特殊BIG)
ビッグボーナス 311枚を超える払い出しで終了
7・7・BAR(各色7) プチボーナス 104枚を超える払い出しで終了
ベル 3BET 6
2BET 15/1BET 14
スイカ 3BET 5
2BET 15/1BET 14
チェリー 3BET 2
2BET 15/1BET 14
リプレイ
チャンスリプレイ
再遊技
赤7・黄7・BAR揃い(確定役) 1枚役

まどマギA新台のタイプは?

スロット 魔法少女まどかマギカAはその名の通り、シリーズ初のノーマル機(Aタイプ)となっており、ボーナスのみで出玉を増やしていくゲーム性となっています。

まどマギA新台の機種性能とは?

まどマギAの一番の特徴として、REGボーナスに設定差が設けられているため、設定1のボーナス確率においてBIG確率がREG確率に比べて2倍近く優遇されており、導入当初「BIG偏向型」と話題になりました。
しかし、設定6のボーナス確率を見比べてみるとBIG=1/206.7、REG=1/249.2とあまり差異はないため、他機種と同様に高設定であるほどBIGとREGの当選に大きな偏りは生じないものと思われます。

まどマギA新台の通常時・前兆・CZ・上乗せ特化ゾーンなどは?

通常時

ステージローテーション

まどマギA 通常ステージ種類
まどか(通学帰路)
さやか(屋上)
マミ(マミ宅)
杏子(ゲーセン)
ほむら(ほむら部屋)
まどかステージに戻る

魔女探索

チャンスリプレイからの発展抽選で12G間のRTに突入します。「探索背景」「キャラルート」「魔女バトル」の順で進んでいくボーナスへのメインルートであり、魔女バトルにて魔女に勝利するとボーナスが確定、登場キャラや背景・バトル演出によって期待度が異なります。

まどマギA 魔女探索ステージ移行時の演出
移行時の演出 期待度
歯車
望遠鏡
まどマギA 探索背景別キャラルート振り分け
背景 対応ルート 期待度
路地裏 全キャラルート対応
モール(ピンク) 路地裏ルート
歩道橋(青) さやかルート
橋(黄) マミルート
駅(赤) 杏子ルート
立体駐車場(紫) ほむらルート

2連続のセリフ重複、赤文字はチャンスアップ。対応ルート矛盾でボーナス当選確定となります。

まどマギA 魔女バトル期待度
バトル 期待度
ハコの魔女(VSさやか) 約40%
薔薇園の魔女(VSマミ) 約55%
鳥かごの魔女バトル(VS杏子) 約67%
忘却の魔女(VSほむら) 約90%
まどマギA 魔女バトル中ボーナスフラグ
契機 条件 恩恵
1or2G目のレバーオン時と第1停止時 強パターン発生 ボーナス確定
3G目 最強パターン発生 期待度93%
3G目のレバー音時と第1停止時 強パターン ボーナス確定
ハコの魔女 杏子登場 ボーナス確定
薔薇園の魔女 無限の魔弾発生 BIG確定
鳥かごの魔女 マミの登場 ボーナス確定
忘却の魔女 さやか&マミ&杏子登場 ボーナス確定
全バトル 復活パターン BIG確定

魔女バトル中はさまざまなボーナスフラグがあり、この他にも魔女探索においてシネスコ演出はボーナス濃厚、チャンスリプレイの出現でボーナス確定などの演出が存在します。

キュゥベえちゃれんじ

主に、チェリー出現時に発生する3G継続の発展演出です。
キュウべえチャレンジ時の強チェリー同時当選確率は判明していませんが、弱チェリーからのボーナス当選率に設定差があり、高設定であるほど同時当選率が上がります。

まどマギA キュゥべえチャレンジ時弱チェリー同時当選確率
設定 当選率
1 20%
2 22%
3 24%
4 27%
5 30%
6 33%

また、チェリー以外の成立役(チェリー否定)でボーナス確定となります。

キャラ別発展演出

まどマギA キャラ別発展演出
演出 期待度
射的だ!マミさんVSお菓子の魔女期待度 約10%
さやか&杏子の吹っ飛べ!キュゥべえ 約20%
まどか&ほむらの弓道一直線 約30%
全員集合!水着DEビーチバレー 約60%

キャラ発展演出時は、タイトル色にも種類(黄<赤<花火(激アツ)があり、演出は通常の演出と異なるところがあるとチャンスアップとなります。

特別発展演出

まどマギA 特別発展演出系
演出 概要 期待度
子猫をキャッチだよ! 1G完結演出、無事にキャッチできればボーナス確定 約50%
キュゥべえ契約 画面が暗転・役物キュゥべえの目が光る、などから発展する高期待度演出、第3停止で液晶タッチ演出出現でボーナス濃厚 約90%(白<赤<虹)
委員長の魔女バトル 歴代の台でもお馴染みの委員長の魔女とのバトル演出、登場キャラクターで期待度を示唆 約90%
魔女の結界 通常の魔女探索経由での魔女バトルよりも期待度がアップ ハコの魔女=約74%
薔薇園の魔女=約82%
鳥かごの魔女=約90%
忘却の魔女=約95%

まどマギA新台の純増・コイン持ちなどは?

まどマギAのコイン持ちは1本あたり約34Gということでノーマル機としては平均的数値です。また、機械割は97.8%~114.3%であることや、低設定だと天井がなく、完全攻略時も100%には満たないため少し厳しい印象です。

まどマギA新台のゾーン・天井恩恵は?

現在までに天井に関する規制はないものの、5.9号機の「有利区間」に関する規制上、天井搭載のメリットが少ないため、天井を搭載している機種が今のところ発売されていないというのが現状です。
ノーマル機は5.9号機の直接的な影響はほぼ受けておらず、元々天井非搭載の台も多いので本機、まどマギAタイプも天井は非搭載となっています。

まどマギA新台の打ち方を解説

リール配列

http://slot-madokamagica.com/mma/

通常時の打ち方

左リール:上段にBAR狙い
┗「チェリー停止」
→中・右リール:フリー打ち
→中リール:フリー打ち、右リール:ボーナス図柄orチェリー狙い
・弱チェリー(右リール中段リプレイ)
・強チェリー(右リール中段ボーナス図柄orチェリー)
・強チェリー+リーチ目(中段BAR揃い)

┗「下段にBAR停止」
→中・右リール:フリー打ち
→中・右リール:BAR狙い
・チャンスリプレイA(中リール上中段に2段BAR・下段BAR ※リプ小V型)

┗「上段にスイカ停止」
→中リール:BAR狙い、右リール:フリー打ち
・弱スイカ(上段スイカ揃い ※中段スイカ揃い)
・チャンスリプレイB(上段テンパイから右リールスイカハズレ)

┗「その他」
・強ベル(右上がり斜めベル揃い)
・強ベル+リーチ目(中段ベル揃い)

ボーナス中の打ち方

ビッグボーナス中(BIG):
→逆押しで右リール下段にBAR、中リール中段に黄7or青7、左リール上段に赤7狙い
→その後は順押しで適当打ち
※上記の方法で13枚役を1回獲得することで、最大獲得枚数311枚をゲット
※失敗による枚数損失はなし、ボーナス中はいつでもチャレンジすることが可能

プチボーナス中(REG):
→ビッグと同じ手順と同様
→その後は左リールに赤7を避けて順押し適当打ち
※上記の方法で14枚役を1回獲得することで、最大獲得枚数103枚をゲット
※ビッグとは異なり、失敗による枚数損失の可能性があるので注意

まどマギAの設定差・設定判別要素は?

まどマギAは特定のボーナス出現率に設定差が存在し、「特殊ビッグ(赤7・青7・黄7)」「単独ボーナス」「弱チェリー+ボーナス」「確定役+プチボーナス」の出現確率は特に設定差があるため、判別要素になり得ます。

特定ボーナス出現率

まどマギA 特定ボーナス出現率
設定 特殊BIG 単独ボーナス 弱チェ+ボーナス 確定役+プチボーナス
1 1/8192.0 1/21845.3 1/2730.7 1/5041.2
2 1/2427.3 1/4096.0
3 1/2184.5 1/3449.3
4 1/5041.2 1/1820.5 1/2978.9
5 1/3640.9 1/10922.7 1/1560.4 1/2427.3
6 1/2048.0 1/7281.8 1/1365.3 1/2048.0

特殊ビッグは高設定と低設定で7倍近く設定差があるので、複数回出現で高設定の可能性が高くなります。また、弱チェリーからのボーナス当選確率にも、高低設定に約2倍の差異があるので、

※機種別の判別方法記載

その他の小役確率

まどマギA 小役確率
設定 弱チェリー 強チェリー スイカ 強ベル
1 1/83.6 1/225.2 1/80.2 1/3640.9
2 1/83.3 1/220.7 1/77.4
3 1/83.0 1/216.3 1/74.7
4 1/82.3 1/211.4 1/72.3 1/3449.3
5 1/81.7 1/206.7 1/69.9 1/3276.8
6 1/81.1 1/202.3 1/67.8 1/3120.8
まどマギA 特殊小役確率
設定 強ベル 確定役 チャンスリプレイA チャンスリプレイB チャンスリプレイ合算
1 1/3640.9 1/1724.6 1/341.2 1/170.6 1/113.7
2 1/1598.4
3 1/1489.5 1/335.4 1/167.7 1/111.8
4 1/3449.3 1/1394.4 1/326.5 1/162.9 1/108.7
5 1/3276.8 1/1110.8 1/322.9 1/161.1 1/107.5
6 1/3120.8 1/862.3 1/304.7 1/152.4 1/101.6

まどマギAの設定示唆・確定演出とは?

ビッグボーナス終了画面タッチ時セリフ

BIG終了画面で液晶タッチorPUSHボタンを押すことでセリフが発生、種類によって設定示唆が存在します。

カスタムキャラボイスA設定2以上確定

まどマギA BIG終了画面タッチ時セリフ
セリフ 設定示唆
契約してくれる気になったら、いつでも声をかけて 基本パターン
きゅっぷい 基本パターン
僕はここで見届けさせてもらうよ 奇数設定示唆
願い事を決めるんだ!早く!! 偶数設定示唆
君にならその資格がある。本当にそれを望むなら、ね 高設定示唆
一体、何が始まるっていうんだい
カスタムキャラボイスB 設定56確定
まどマギA カスタムキャラボイスA
(設定2以上確定)
キャラ セリフ
まどか ここだけの話なんだけどね・・・えっとね
さやか いっちょ頑張りますか!
マミ 呑み込みが悪いのね、
見逃してあげるって言ってるの
杏子 今諦めるのは早計ってもんじゃねえか?
ほむら 私には・・・闘い続ける理由がある
ほむら(眼鏡) その・・・あなたのお役に立てますか?
まどマギA カスタムキャラボイスB
(設定56確定)
キャラ セリフ
まどか わぁ~!これすっごくおいしいです!!
さやか 奇跡ってほんとにあったんだ・・・!
マミ こんな気持ちで戦えるなんて・・・!
杏子 ふぉぉ~!見たことのない
食いもんがいっぱいだぜ!
ほむら あなたはそのままでいいのよ・・・変わる必要はない
ほむら(眼鏡) わぁ!四葉のクローバー見つけちゃいました!

また、ビッグボーナス終了後背景画面がアルティメットまどかだった場合、高設定であることが濃厚となります。

プチボーナス中背景キャラ

プチボーナス中は背景に出現するキャラの種類や組み合わせによって設定示唆が存在します。
キャラ別の出現は前半と後半に分かれており、通常パターンか顔アップパターンの2種類があります。

まどマギA 前半・後半の組み合わせによる示唆
前半 後半 設定示唆
通常 通常 基本パターン
顔アップ 通常 奇数設定示唆
通常 顔アップ 偶数設定示唆
顔アップ 顔アップ 高設定示唆
まどマギA 設定示唆キャラの組み合わせパターン
前半 後半 設定示唆
さやか
マミ
杏子
ほむら(眼鏡) 設定2以上確定
ALLキャラ まどか(アップ)
さやか(アップ)
設定2以上確定
マミ&杏子 設定456確定
さやか&杏子
まどか&ほむら
ほむら(通常) ほむら(眼鏡) 設定56確定
ALLキャラ アルティメットまどか 設定6確定
ALLキャラ ワルプルギスの夜 当日~3日前の間に設定6が使われたことが確定

1回あたりのプチボーナスでの前半・後半ともに顔アップである「高設定示唆」パターンの出現率は、設定1~3が5.0%、4~6が10.0%と2倍近く設定差があり、456確定キャラ背景の出現率は設定4・5で1.9%、6で1.3%となっています。

また、前半でキャラ問わず顔アップが出現、または後半でまどかorさやかの顔アップが出現した場合は設定2以上が確定、ほむら→ほむら(眼鏡)は設定5以上が確定。

まどマギAの狙い目・ヤメ時は?

まどマギAは天井非搭載、完全ノーマルタイプなため、ボーナス後即ヤメとな得にないと思われますが、プチボーナスがビッグボーナス同様に沢山引かれている台などは狙い目と言えるでしょう。

まどマギAの朝イチ リセット恩恵は?

まどマギAは天井非搭載であるため、ゾーンはなく、リールガックンの発生も常時ではないことから、確実に見極められる朝イチリセットは特にないものと思われます。

まどマギAの評価・予想

エレコ(ユニバーサル)から5.9号機のノーマル機(Aタイプ)として「まどマギA」が登場。
シリーズ初のAタイプということで、一部リール配列や演出を前作の「まどマギ2」から踏襲していたり、ボーナス当選に繋がる新たな演出が増えたことから評判は良いようです。

また、5.9号機規制の影響についてもノーマル機なので、特に直接的な影響がないところもパチスロまどマギファンにとってはありがたく、シリーズの全てが楽しめる作品となっています。

シリーズ初のノーマル機、導入台数も5.9号機としては多く、現行台の「まどマギ2」の設置台数もまだ多いことから、まどマギAの新規ファンも増えるのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*